TOP > ブログ > 日本のお菓子を貰いに来るわくるわ!オーストラリアの田舎町アレクサンドラで人生初のtrick or treat経験は笑える思い出。

blog
ブログ

2018.10.29

日本のお菓子を貰いに来るわくるわ!オーストラリアの田舎町アレクサンドラで人生初のtrick or treat経験は笑える思い出。

Happy Halloween!

 

 

 

 

英語の力を、人生の力に。

西東京市(田無駅近)にある、小学生からの本気な英会話教室あうりんこENGLISH STUDIO

インストラクターMikuです。小学生のクラスを担当しています。

2018年も残すところあと2か月ほどとなりました。

早い・・・時のたつのが大人になると早く感じる・・・

 

 

 

『大人の方が毎日“トキメキ”が少ないから、時間が早くすぎるーって感じるんだって、チコちゃんが言ってたよ』と小3の息子に説明されました。←わからない方は金曜夜NHKをご覧ください。

 

 

 

ところで、近頃は10月と言えばハロウィン。

 

 

 

大人が仮装して街を練り歩いていても「はいはい、ハロウィンね」と黙認される、なんていう雰囲気が10月には漂っている気がしませんか?

日本ハロウィンOK起源はいつから?

㊟ハロウィンにかこつけての暴動は全く持ってダメですよ!

 

 

 

私のハロウィン初体験は忘れもしない、2000年10月 in Alexandra, Australiaで暮らしていた時のことです。Alexandra(町名:アレクサンドア)はオーストラリアのヴィクトリア州にあるメルボルンの田舎町です。

 

 

 

その頃はまだHalloweenだなんて私の認知度が低く、『北米の秋のお祭り』くらいでしかありませんでした。なので「本当に仮装して見知らぬ子どもがドアをノックしに来るんだ!(◎_◎;) 」と驚愕したのを覚えています。

 

 

 

オーストラリアの10月は春、と言ってもAlexandraはまだ肌寒く、日が暮れるのも早い。夕食の後、特に何をするわけでもなく時間をつぶしていると、誰かがドア(と言っても中庭に面したベランダのガラス窓ですが)をたたく音が。

 

 

 

“コンコン”

 

 

 

今日誰か来ることになっていたっけ?

それとも、オーストラリアではよくあることですが、Magpie(鳥の名:カササギ)が庭でいたずらしていて、ついでにガラスに映った自分の姿をコツコツと叩いているのか?と気にせずいると、

 

 

 

また“コンコン”と音がする。

 

 

 

さすがに気になった夫が行ってカーテンを開けると「ウワーーー!(゚д゚)!」と後ずさり。

と同時に窓の向うでも、本気で仮装した魔女やらお化けたちが「Wow!!(゜o゜)」とビックリ。

 

 

 

私と夫は人生初のハロウィンに出くわして、仮装したAlexandraの子供たちは「なんでここにアジア人が?」と、お互い想定外な遭遇に「ウワー!Wow!」でした。

 

 

 

私たちが、あーこれハロウィンね!お菓子あげなきゃ!と理解し、ハイチュウやらポッキーやら、メルボルンで買い込んでいた貴重な日本のお菓子を持たせて“Happy Halloween!”と、人生初ハロウィンを楽しみました。

 

 

 

「あれってアメリカで流行っているだけかと思っていたのに、イギリス圏のオーストラリアでもやるんだねー!(オーストラリアはやたらとアメリカ物を嫌煙する傾向アリ)面白いね~、生活してみないと経験できないよね~」と、その日のサプライズイベントの余韻に浸っていた私たち。

 

 

 

でも、ここからがちょっと面倒だったわけで・・・

 

 

 

その夜は、Trick or Treatをする子供たちの間で「あそこのJapanese から日本のお菓子がもらえるよ!Chewy Candy(多分ハイチュウのこと)のgreen apple flavorがYummyだよ!」とかがすぐに広まり、その後コンコンコンコン来るわ来るわ。

 

 

 

ハイチュウ、ポッキー、キットカット、ミルキー、せんべい、揚げあられ。

買い込んでいた日本のお菓子が全部なくなり、しまいには“TimTam”(オーストラリアのお菓子)を渡す始末でした。笑。

 

 

 

日本のお菓子のお陰でコミュニティに馴染む、いいきっかけになり、またこの時期になると毎年、笑いながら思い出します。

 

 

 

でもね、元はケルトの民話・風習からはじまるハロウィン。

クリスマスはサンタさんにお願いしてプレゼントがもらえる日、ハロウィンはお菓子を・・・と何だか子供が大人の都合で商業活動におどらされるだけ、にならないために、楽しい体験だけでなく、その本来の意味も伝えたいものです。

 

 

 

年末年始は誰にとっても忙しくバタバタする時期。

体調を崩さないように皆さまお気をつけて!

 

 

英語の力を、人生の力に。

あうりんこENGLISH STUDIOは楽しいだけでない、英語を学ぶ工夫があります。

英語の上達をサポートするために、教育コーチングを取り入れた

西東京市の田無で、ユニークな英会話教室を目指しています。

 

 

西東京市(田無駅近)小学生からの本気な英会話教室あうりんこENGLISH STUDIOのHPはこちらから。