TOP > ブログ > MIKUの、おうちでの英語の取り入れ方

blog
ブログ

2018.06.25

MIKUの、おうちでの英語の取り入れ方

こんにちは!

火曜日と水曜日の小学生クラスを担当しているMIKU(2児の母)です。

子どもたちがレッスンを楽しんでいる姿に、私も毎回エネルギーを貰っています。

 

 

 

今日は、おうちでの英語の取り入れ方

Tips for learning English at home

をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

 

 

1:耳から

まずは英語を子どもの耳に慣れさせましょう。ツールはなんでもOK。ペンなどで押せば鳴る音声付きのActivity/Sound Bookでも子供向けの英語CDでもいいでしょう。大切なのは、毎日英語を聞くことです。

 

 

 

 

 

 

我が家では子供向けのCDをいくつか用意して、その日の気分で毎朝起きたら流していました。起きてから食べ終わるまでが英語時間。我が家ではハロウィーンを片づけたらクリスマスソングが流れていました。時には「アナ雪」をYouTubeで聞きながら歌ったり。聞こえたままを口ずさむので部分的に怪しいところがあっても気にしない。子どもの耳はスポンジ!すぐ覚えちゃいますよ。

 

 

 

 

 

 

もしおうちの方が、英語を読むことに抵抗がなければ(もしくは、頑張って読んでみたい!ならば)、英語絵本の読み聞かせがお勧めです。でもいきなり『ハリーポッター』は無理ですね(;’∀’)

日本語で書かれた絵本の英語訳バージョンが、図書館にあることをご存知でしょうか?例えば五味太郎さんの『きんぎょがにげた』。英語だと『Where’s the FISH?』。「せっかく洋書で高いお金出して買ったのに、ウチには反応ゼロだった・・・(;_;)/~~~と残念な思いをしないために、ぜひ図書館を活用することをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

2:遊びから

手の中に何か小さい物をもって「どーっちだ!」と子どもに当てさせるゲーム。(我が家では小石だったり輪ゴムだったり(^^ゞ)「どーっちだ」を「Which hand?」にしただけで英語ゲームに早変わりです。「こっち!」という時にも「OK, じゃあ“This hand!”って言ってみようか? 」と促し、手を広げる時も「OK, Let’s  say “OPEN!”」と一緒に言ってみましょう。何回か続けていくと、当てたポイントの数を競うようになります。How many points?と、今度はcountingを英語で一緒にしていくと、1~10まで簡単に覚えちゃいます。

 

 

 

 

 

 

3:英語生活始めてみる?!

朝起きてから寝るまで英語漬けにすることはほぼ不可能ですが、おうちの方が少しだけでも英語で話しかけると、「英語つかってる感!」がUPします。例えば・・・

「おはよう」をGood morning.で言ってみる、一番手軽に「ありがとう」をThank you.にしてみる、など。

 

 

 

 

「ドア閉めてくれる?」Could you close the door for me, please?

「学校どうだった?」How was school?  How was your day?

「今何時?」What time is it now? などなど。

 

 

 

 

まずはよく使う言葉がけから少し英語に変えて始めることがおススメです。最初のハードルは下げて下さいね。(*^_^*) 中には「言いたいことを英語でなんて言うか分からないから、英語で話しかけるなんて無理です・・・」という方もいるのでは?そんなときは、スマホ大活躍して下さい。「自分が中学生の時にもスマホがあったら、もっと英語を楽しいく勉強できたのに・・・」と、私も何度思ったか・・・。今は便利ですよね。「言いたいこと、英語」で検索すると、例文が音声付きで紹介されます。発音もスペルもばっちりです。ひと昔前の翻訳機能には「??(@_@。」な訳も多くみられましたが、最近は進化しています。お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?「英語は1日にしてならず」ですが、どうせ続けるなら楽しく無理なく生活に取り入れてマスターしたいですよね。新聞等でも話題に上がっているので、特に小・中学生のお子さんがいらっしゃるご家庭ではご存知の方も多いと思いますが、昨今、学習指導要領が見直され、2020年度から英語教育カリキュラムが大きく変化します。それに伴って今年度から段階的に、小学校では英語の授業が時間割に組み込まれています。焦って何から手を付ければいいのかしら?と不安が先行しがちですが、塾や英会話教室に通う前に、まずはおうちの中でできる事はいっぱいあります。この際、「アタシもやり直しEnglish!」と、大人も子供と一緒に思い切って始めてみるのはいかがでしょう?

 

 

 

 

 

さぁ♪ 今日はこの辺で終わりにしたいと思います。いかがでしたか?

今回お伝えした内容が皆さんの「Learning English at Home」のお手伝いとなれば幸いです。次回はより具体的に「ゲームの取り入れ方」などをご紹介できればと思っています。

See you next time! Bye for now!